――――――
スポンサードリンク

50代の女性の抜け毛

 最近多い、女性の薄毛の悩み

 40代、50代になると髪のコシがなくなって、量も減ってきます。
 女性の場合、つむじから頭頂にかけての薄毛、抜け毛という
パターンが多いようです。

 40代、50代の更年期になると、女性ホルモンのバランスが
くずれます。

 女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛の成長に深くかかわる
ホルモン。

 エストロゲンは髪の毛の幹細胞の成長をうながし、頭皮の
コラーゲン量をふやして、髪にコシをあたえます。
 血管拡張作用もあるので、ヘアサイクルをのばしてくれるとも
言われています。

 更年期になりエストロゲンが減ることで、抜け毛が増える――。

 そのため、頭髪治療などでは、女性ホルモンをおぎなうため、
「スピロノラクトン」という女性ホルモンに似た働きをもつ薬を
使うことももあります。

 また、イソフラボンなどでも補えるので、更年期が原因の抜け毛には
大豆製品を食べるのも自衛効果がありますね。(摂取量に注意)
 

※しかし、前髪などがうすくなることもあり、男性ホルモンの影響による
男性型脱毛症ではないか、ともいわれています。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。