――――――
スポンサードリンク

薄毛外来の40パーセントに脂漏性皮膚炎!?

 薄毛・抜け毛の原因のひとつに脂漏性皮膚炎があります。


 脂漏性皮膚炎とは、毛穴など皮脂の多い場所に赤っぽい
湿疹ができる皮膚炎です。
(脂漏は毛穴まわりのアブラのことです)

 薄毛・抜け毛でお医者さんを訪れる患者さんの半数近くに
この脂漏性皮膚炎の症状が見られるといいます。

 フケやアブラを放置すると、脂漏性皮膚炎になることもありますが、
原因はマラセチア菌といわれています。
(マラセチア菌は皮膚の常在菌です)

 脂漏性皮膚炎には、ケトコナゾールという塗り薬や
ケトコナゾール入りシャンプーが有効
。(* ̄∇ ̄)ノノ

 ケトコナゾールはマラセチア菌に有効なはたらきをもつ抗菌剤
です。
 

※ 脂漏性皮膚炎にならないようにと、ゴシゴシ頭皮をこすり
すぎると頭皮が荒れますので注意。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。