――――――
スポンサードリンク

みかん育毛剤の作り方



抜け毛をおさえ、髪の成長を促す!
手作りみかん育毛剤

みかんの皮には、抜け毛をおさえる製油成分があり、また皮に含まれるアミノ酸は毛母細胞の栄養となって、髪の成長を促します。

手作りみかんトニック

@ みかんの皮を五つ分集める
A ホワイトリカー150mlに投入
B 2週間冷暗所で保管

コーヒーフィルターで漉して出来上がり。
※ 光毒性があるので夜使うこと

出典:おいしく食べて体に効く! クスリごはん






育毛剤を効果的に使うにはシャンプー後

 育毛剤をつかって最大限の効果をひきだすためには、
まず、説明に書かれた量・回数をきちんと守ることですね。
 そして

■ シャンプー後のほうが育毛剤の成分がよく入ります。
 シャンプーでフケ、アブラを落とした後のほうが毛穴から
吸収されやすいのです。

 とはいえ、アブラをとろうと懸命にゴシゴシこするのは
よくありません。
 頭皮を傷つけ、荒れさせてしまい、抜け毛の原因になってしまいます。

 荒れれば、育毛剤も使いにくくなります。

 頭皮や指のはらでやさしく洗いましょう。アブラはシャンプーの
泡でつつむように洗っておとしましょう。

※ マッサージはシャンプー前がいいようです。


■ 複数の育毛剤をいっぺんに使わないこと 

 複数の育毛剤をつかうことで、頭皮の荒れが心配されます。
 また外国産の濃度の高い育毛剤も同じく、頭皮の荒れに
注意が必要です。

 育毛剤は長期間コンスタントに使って効果が出るものなので
頭皮が荒れて育毛剤が使えないということがないように、ケア
しましょう。







育毛剤の選び方

 抜け毛をとめるために、育毛剤を買おうと思っても――

 育毛剤はたくさんありすぎますね。(゚∀゚)

 育毛剤には毛を作る毛母細胞を活性化するタイプ、
 頭皮や毛根の血流を改善するタイプなどがあります。

「血行には自信がある(゚∀゚)」

「しかし、髪は細く、短いまま」

 こういう時は、毛母細胞を元気にするタイプが向いている
かもしれませんね。リアップレディなどは毛母細胞の活性化に
効くとのことです。
 

「最近、具合を悪くした」

「肩こり、冷えがある」

「ある時からごそっと抜け毛が増えた」

 こういう時は毛根の血流をよくするタイプが向いているかも
しれません。カロヤンガッシュなどは血流タイプです。
 
 薄毛・抜け毛の原因は人それぞれです。
 自分にあった育毛剤を選びましょう。
 また、6ヶ月は使ってみて自分にあうかどうか見てみましょう。
 髪のサイクルもあるので、育毛剤の効果を見るためには
3〜6ヶ月はかかります。
  






育毛剤の成分は何?

「発毛促進!ヽ(`Д´)ノ」

 市販の育毛剤には何が入っていて、どんな効果が期待できる
のでしょう。

■リアップ〔大正製薬〕

 主成分ミノキシジル。濃度は1パーセント。ミノキシジルの発毛
効果を期待した製品。
 毛母細胞の活性化に。

■イノベート〔ライオン〕

 主成分サイトプリン、ペンタデカン酸グリセリド。
 サイトプリンが毛根を再活性化し、ペンタデカン酸グリセリドが
髪の毛つくりに必要なエネルギーを供給するとのこと。


■アデノゲン〔資生堂〕

 主成分アデノシン。アデノシンは発毛促進因子をつくりだし、
毛母細胞を活性化するといわれています。



■カロヤンガッシュ〔第一三共ヘルスケア〕

 主成分塩化カルプロニウム。塩化カルプロニウムが頭皮、毛根の
血行を促進するとされています。
 血流不足が心配な方に。






育毛剤ミノキシジルの副作用

 育毛剤には抜け毛を防ぐ効果を狙ったもの(フィナステリドなど)
 発毛効果を狙ったものがあります。
 ミノキシジルはまさに髪を生やす育毛剤です。

 ミノキシジルを使うと髪が太くなり、伸びてきて、また休眠中の
毛根からも新しい毛が生えてきます。

 このように優れた育毛効果をもつミノキシジルですが、いくつか
副作用があります。

 頭皮の荒れ、血圧降下、体毛の増加など。

 外国製の育毛剤はミノキシジルの含有量が多いのでよかろうと
思ってしまいますが、濃度が濃いとかえって頭皮を荒らしてしまう
ことがあります。
 日本人の頭皮はデリケートなのです。

 また、もともと血圧を下げる薬であったため、血圧が下がってしまう
可能性も。(高血圧で血圧降下剤を飲んでいる人はさがりすぎる)

 ごくまれに、まぶたなどにむくみを生じる方もいるようですが、
これは一週間ほどで症状が消えるそうです。
 
 飲み薬は体毛が増えるという副作用もあるので、女性はとくに
夏場など注意が必要です。

 そして、副作用ではありませんが、
 使用をやめると、やはり発毛効果がとまるケースが多いようです。
  






育毛剤ミノキシジルの副作用

 育毛剤には抜け毛を防ぐ効果を狙ったもの(フィナステリドなど)
 発毛効果を狙ったものがあります。
 ミノキシジルはまさに髪を生やす育毛剤です。

 ミノキシジルを使うと髪が太くなり、伸びてきて、また休眠中の
毛根からも新しい毛が生えてきます。

 このように優れた育毛効果をもつミノキシジルですが、いくつか
副作用があります。

 頭皮の荒れ、血圧降下、体毛の増加など。

 外国製の育毛剤はミノキシジルの含有量が多いのでよかろうと
思ってしまいますが、濃度が濃いとかえって頭皮を荒らしてしまう
ことがあります。
 日本人の頭皮はデリケートなのです。

 また、もともと血圧を下げる薬であったため、血圧が下がってしまう
可能性も。(高血圧で血圧降下剤を飲んでいる人はさがりすぎる)

 ごくまれに、まぶたなどにむくみを生じる方もいるようですが、
これは一週間ほどで症状が消えるそうです。
 
 飲み薬は体毛が増えるという副作用もあるので、女性はとくに
夏場の育毛など注意が必要です。

 そして、副作用ではありませんが、
 使用をやめると、やはり発毛効果がとまるケースが多いようです。
  






スーパー育毛剤! ミノキシジルとは

 頭髪外来などで、実際に処方される効果的な育毛剤に
ミノキシジルがあります。

 ミノキシジルは発毛をうながす作用があります。

 ミノキシジルはもともと、血圧を下げるために開発された
薬でした。
 が、血圧は下がらず、全身の体毛が増えるという副作用が
あったので治療には使われなくなったのです。

 しかし、この毛が増える作用に着目した製薬メーカーが
「発毛剤」として開発。販売にいたりました。

 アメリカではロゲイン、女性向ウィメンズ・ロゲインとして
売られ、日本では「リアップ」女性向「リアップレディ」として
売られています。

 ロゲインのミノキシジルは5パーセント濃度。
 リアップのミノキシジルは1パーセント濃度です。

 ほかに海外では12パーセント濃度の商品もあるそうです。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。