――――――
スポンサードリンク

前髪の薄毛 男性型脱毛症の薬

 前髪の薄毛――男性型脱毛症の原因は男性ホルモン

 男性ホルモンのテストステロン(゚∀゚)が還元酵素5α−リダクターゼによって
ジヒドロテストステロン(ΦωΦ)に変化。

 このジヒドロテストステロンが増えると、毛根が育たず、抜け毛が
増え、薄毛になってしまいます。

 これの対抗薬として発明されたのが、フィナステリド(商品名プロペシア)です。

 フィナステリドは5α−リダクターゼを押さえてくれます。
 5α−リダクターゼを押さえることによって、ジヒドロテストステロンも
増えません。したがって髪の寿命も邪魔されずに伸びつづけ、毛根も無事
大きくなれます。

 フィナステリドは髪を生やすというよりも、抜け毛に効果があります。

 使用して3〜6ヶ月で抜け毛の減少が見られるようになるようです。
 

 このフィナステリドが効きやすいタイプの人とそうでないタイプの人が
います。

 男性ホルモンの感受性が強い人は特に効きやすい。
 このタイプは男性ホルモンの影響を受けやすいために、ちょっとの
5α−リダクターゼでもジヒドロテストステロンを作ってしまい、
薄毛が進行します。
 そのため、フィナステリドで5α−リダクターゼをおさえると、効果的に
薄毛の進行を止められるのです。

 効きにくい人はフィナステリドの量をふやす必要があります。
(男性ホルモンの感受性は遺伝子診断でわかります)

 ただしフィナステリドにも副作用が出る場合があります。
 妊娠中の女性はおなかの男児に影響を与える恐れがあるので使用できません。
(授乳中も使用できません)

 男性の場合はまれに性欲減退などがおこることがあります。
 






前髪の薄毛 男性型脱毛症の原因

 前髪の薄毛、男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンといわれています。
 
 女性の薄毛であっても、体内に少量ある副腎性の男性ホルモンの影響
による「男性型脱毛症」ではないかという見方があります。


 抜け毛はジヒドロテストステロンのしわざ


 ジヒドロテストステロン(――(T-T)読みにくいですね)。
 男性ホルモンにテストステロンという物質があります。これがさる
酵素によって、変化して出来たのがジヒドロテストステロン。

 このジヒドロが増えると、なんと毛乳頭が萎縮してしまいます。
 毛母細胞も成長をやめてしまい、抜け毛を引き起こします。
 毛根は育たず、次に生える髪も細いものに。どんどん薄毛をひきおこして
しまうのです。
 

 男性ホルモンがジヒドロテストステロンになってしまうと薄毛に。


 では、このジヒドロテストステロンを作らないようにするには
どうしたらいいのか――ということで開発された薬があります。

 テストステロン(゚∀゚)がジヒドロテストステロン(ΦωΦ)に変わるには
酵素が必要です。
 この酵素5α−リダクターゼU型。これを阻止するための薬がフィナステリド
(商品名プロペシア)です。







前髪の薄毛 男性型脱毛症の症状

「前髪がうすくなってセットしづらくなった」

「生え際の地肌が透けて見える」

 女性の薄毛、抜け毛は、一般的につむじからはじまるのに対し、
男性型脱毛症は前髪、頭頂部が薄くなっていきます。

 男性型脱毛症は男性ホルモンが関係する脱毛症です。
 男性型とはいえ、女性にも少量男性ホルモンがあるので、
前髪などが薄くなる場合、女性の薄毛にも男性型脱毛症が関係する
可能性があります。
 
 男性型脱毛症はふつう、前髪、頭頂部の髪が薄くなります。

 髪の毛はふつう5年以上、成長しつづけますが、これが一年ほどで
抜けてしまう。

 髪が成長しないまま抜けたため、毛根もあまり成長しません。

 これを繰り返すと、毛根が小さく萎縮し、細いたよりない髪が
生えるようになります。この毛はしだいに産毛になります。

 やがて、毛根はどんどん眠ってしまい、産毛さえ生やさなります。
 産毛の数も減って、薄毛になってしまうのです。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。