――――――
スポンサードリンク

女性に多い円形脱毛症 治療法

 円形脱毛症の現われ方はさまざまです。
 一箇所だけの場合から、全身に脱毛がおよぶこともあります。

 したがって、円形脱毛症の治療もそれぞれ違います。

 よく使われる薬は

@ 塩化カルプロニウム(フロジン液)
  育毛剤カロヤンガッシュなどの主成分です。抹消血管を拡げる
  効果が期待されます。

A グリチルリチン
  漢方薬などのカンゾウから抽出した成分で、抗炎症、抗アレルギー作用が
  あるといわれています。

B ステロイド
  副腎皮質で作られるホルモンで、毛根の炎症がある場合、これを
  抑えます。


C ミノキシジル
  発毛促進作用があります。

D ドライアイス圧抵療法
  雪状のドライアイスを固めたもので幹部を刺激。


E 紫外線療法
  UVAを幹部に照射して、リンパ球の異常な働きをおさえます。

F 局所免疫療法
  薬をぬって、人工的にかぶれをおこし、その状態から
  発毛をうながす療法。


  などなど……。  
  円形脱毛の治療は早いほうが、症状を抑えやすいようです。
  円形脱毛症を見つけたら、すぐお医者さんに。






女性に多い円形脱毛症

 円形脱毛症は子どもから大人まではばひろく見られます。
 男女比では1・5倍で女性のほうが多いようです。

 円形脱毛症はコインのように脱毛する病気です。
 脱毛の幅は直径1センチから数センチ、個数もひとつから、
全身の毛が抜けるケースもあります。
 髪だけでなく、眉毛や脇毛におよぶこともあるのです。

 円形脱毛症はストレスが原因といわれてきました。
 ストレスとの因果関係をしめす医学的データはまだないそうですが
たしかにストレスが多い時期に、円形脱毛の症状が増えるという事例は
あるそうです。

 現在では、円形脱毛症の原因は「自己免疫疾患」という説が
有効です。

 自己免疫とは、自分の免疫機構があやまって自分のからだを
攻撃してしまう、というものです。
 体には、細菌やウイルスが入ってくると攻撃するリンパ球などが
ありますが、円形脱毛症の方の頭皮にはこのリンパ球が多く集まって
毛根が萎縮しています。

 リンパ球がなぜか、自分の毛根を「外敵」とみなして攻撃してしまい、
髪が抜けて、円形脱毛となってしまっているのです。 







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。