――――――
スポンサードリンク

頭皮のこすりすぎは薄毛のモト

 頭のアブラ、育毛剤が入っていかないからとゴシゴシこすって
いませんか。

 たしかに頭のアブラ、フケは脂漏性皮膚炎・粃糠(ひこう)性皮膚炎の
原因になることがあります。(粃糠は乾いたフケ、脂漏はアブラ)
 その結果、抜け毛が増えるということも。

 しかし、頭皮をゴシゴシこすることによって、頭皮は炎症を起こ
してしまいます。
 頭皮が荒れれば、もちろん髪にも影響します。

 フケやアブラがあったらすぐに脂漏性皮膚炎や粃糠性皮膚炎になる、
抜け毛、薄毛になるというものではありません。

 頭皮には刺激の少ないシャンプーを。
 やさしい髪の洗い方で頭皮を清潔にすることが大事です。

 洗う時はフケやアブラを引っかいて落とさないように。
 指の腹でシャンプーにフケやアブラを溶かし込むように洗い、
薬剤が残らないようにていねいにすすぎましょう。







薄毛外来の40パーセントに脂漏性皮膚炎!?

 薄毛・抜け毛の原因のひとつに脂漏性皮膚炎があります。


 脂漏性皮膚炎とは、毛穴など皮脂の多い場所に赤っぽい
湿疹ができる皮膚炎です。
(脂漏は毛穴まわりのアブラのことです)

 薄毛・抜け毛でお医者さんを訪れる患者さんの半数近くに
この脂漏性皮膚炎の症状が見られるといいます。

 フケやアブラを放置すると、脂漏性皮膚炎になることもありますが、
原因はマラセチア菌といわれています。
(マラセチア菌は皮膚の常在菌です)

 脂漏性皮膚炎には、ケトコナゾールという塗り薬や
ケトコナゾール入りシャンプーが有効
。(* ̄∇ ̄)ノノ

 ケトコナゾールはマラセチア菌に有効なはたらきをもつ抗菌剤
です。
 

※ 脂漏性皮膚炎にならないようにと、ゴシゴシ頭皮をこすり
すぎると頭皮が荒れますので注意。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。